家族滞在

概要

就労ビザや留学ビザを持つ人の配偶者、もしくは子供が取得します。
 配偶者と子供に限られ、家族でも兄弟や親、孫まどは該当しません。


法律上の規定

 下記の在留資格をもって在留する者の扶養を受ける 配偶者又はとして行う日常的な活動

と規定されています。

 扶養者として該当する在留資格:
 教授、芸術、宗教、報道、高度専門職、投資・経営、経営・管理、法律・会計業務、医療、研究、教育、技術、人文知識・国際業務、技術・人文知識・国際業務、企業内転勤、興行、技能、文化活動、留学(※専門学校、大学等に通う場合)

 扶養者に該当しない在留資格:
 外交、公用、技能実習、短期滞在、研修、特定活動、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、永住者、定住者、留学(※小中高校や日本語学校に通う場合)
 これらの在留資格を持つ人の家族は「家族滞在」を取得することが出来ません。

 また、「配偶者」「子」に限定されていますので、親、兄弟、孫などは取得できません。
 ただし「養子」は該当します。

取得の要件

 現在作成中です。


就労制限の有無

就労不可。ただし資格外活動許可を受ければ週28時間の範囲内で可


在留期間

5年、4年3ヶ月、4年、3年3ヶ月、3年、2年3ヶ月、2年、1年3ヶ月、1年、6ヶ月、3ヶ月


その他

例えば親が「技術」、子が「家族滞在」の場合で、永住申請を行って親のみが「永住者」なった場合、子はそのまま「家族滞在」を持ち続けることが出来ず、他の在留資格に変更するか、帰国する必要が出てきます。

 近年、資格外活動違反に対して非常に厳しくなっています。資格外活動の週28時間をオーバーした場合、本人の更新が不許可になるだけでなく、扶養者の永住申請にも多大な影響を与え、不許可になる場合もありますのでご注意ください。

ページトップへ戻る

主な在留資格・ビザの種類

その他の在留資格・ビザ

在留資格・ビザ・永住・国際結婚

パスポート認証・コピー認証

ご案内

Copyright(C) 平島国際行政書士事務所 All Rights Reserved.