トップページ > 行政書士とは?

行政書士とは? 〜頼れる街の法律家〜

一言で言うと

 行政書士の主な業務は、役所等へ届ける書類の 作成、提出 及びそれに関する 相談 です。

詳しく言うと

行政書士は、行政書士法に基づく国家資格者で、官公署への手続き権利義務に関する書類事実証明に関する書類等に関する法律と実務の専門家です。

「官公署への手続き」とは、国や地方自治体の機関(役所等)へ、申請書等の各種書類を提出する際、その書類作成から提出までの一連の手続きをいいます。
 (例:営業許可申請、法人設立手続き、外国人の在留許可申請)

「権利義務に関する書類」とは、権利の発生、存続、変更、消滅の効果を生じさせることを目的とする意思表示を内容とする書類をいいます。
 (例:定款、議事録、契約書、遺産分割協議書、嘆願書)

「事実証明に関する書類」とは、私たちの実生活に交渉を有する事項を証明するに足りる文書をいいます。
 (例:会計帳簿等の財務諸表、各種図面類、申述書)

行政書士は、このような書類について、その作成(「代理人」としての作成を含む)及び相談を業としています。
 (日本行政書士連合会発行パンフレットより)

司法書士との違い

司法書士さんは「登記」のプロフェッショナルです。代表的なものでは不動産登記、法人(会社)の登記を行うことができます。行政書士は「登記」を行うことができません。

行政書士が必要なときって?

  • 申請、申請書
  • 届出、〜届
  • 許可
  • 認可

これらのキーワードを見つけたとき、「行政書士」の存在を思い出してください。
 これらキーワードにまつわる書類を作成・提出する必要が出てきたとき、行政書士があなたのお手伝いをいたします。

 「この申請には何が必要なのか?書類はどうやって書くのか?添付書類は?誰に聞けば良いのか?」

 まさしく行政書士の出番です。まずはお電話、メールにてご相談ください。

行政書士の具体的な業務(代表的なもの)

入管・外国人関係

  • 在留、定住、永住許可申請・ビザ
  • 帰化申請・国籍取得
  • 渉外戸籍・国際結婚

法人設立

  • 株式会社設立
  • NPO法人設立
  • 一般社団法人・一般財団法人設立・公益法人認定
  • 医療法人・学校法人・宗教法人設立
  • 地縁団体(自治会、町内会)設立

遺産相続

  • 遺産相続手続き(遺産分割協議書作成)
  • 遺言書作成

営業許可申請

  • 飲食店・喫茶店・移動販売
  • 建設業
  • 宅建業
  • 産業廃棄物処理業
  • 運送業
  • 風俗営業・パチンコ店・遊技場
  • 旅館業
  • 倉庫業
  • 派遣業

自動車登録

  • 自動車登録・名義変更
  • 車庫証明

証明書類等の作成

  • 契約書
  • 内容証明郵便
  • 嘆願書・陳情書
  • 告訴状・告発状

相談業務

  • 上記に関するご相談

※この他にもさまざまな業務があります。

ページトップへ戻る

在留資格・ビザ・永住・国際結婚

在留資格・ビザに関する資料

パスポート認証・コピー認証

ご案内

Copyright(C) 平島国際行政書士事務所 All Rights Reserved.