ビザ申請について共通事項

成功報酬制度について

 当事務所は、成功報酬制度を採用しています。
 申請が不許可になった場合、いただいた着手金は返金(※)、もしくは追加料金無しで再申請を行います。
 ※ 返金が無い場合もございます。ご確認ください。

ご依頼の流れ

  • お問い合わせ、相談
  •   ↓
  • 正式にご依頼
  •   ↓
  • 着手金として、料金の半額をお支払いいただきます
  •   ↓
  • 書類の作成・収集 (当事務所)
  •   ↓
  • 入国管理局へ申請 (当事務所)


  • (A)許可が降りた場合
  •   ↓
  • 残りの料金をお支払いいただきます
  •   ↓
  • 許可の結果をお渡しします


  • (B)許可が降りなかった場合
  •   ↓
  • 着手金の返金か、再申請か、お客様に選択していただきます

料金に含まれる内容

  • 申請書の作成
  • 理由書の作成
  • (経営ビザ)事業計画書の作成
  • その他、質問書、経緯書、雇用契約書等の作成(必要な場合)
  • 入国管理局への申請、結果の受理、問い合わせ
  • お客様の状況に合わせた必要書類のご案内(必要書類一覧の作成)
  • 英語、中国語文書の日本語への翻訳
  • 追加書類の要求があった場合のご対応(書類作成も含む)

 ※お客様が入国管理局へ行く必要はありません

特別料金について

 以下に該当する場合、特別料金が加算されます(+2〜4万円)。
 ○退去強制出国命令歴がある
 ○(自身や他事務所の申請で不許可になった件の)再申請
 ○出国準備期間からの申請
 ○難民申請中の方
 ○経営ビザ以外の申請で事業計画書を作成する場合(※経営ビザの申請では通常料金に含まれています)


実費として別途お支払いいただく費用

 ○許可が降りた場合、入国管理局の手数料(印紙代)
  [変更・更新:4000円、永住:8000円。認定申請は0円]
 ○英語・中国語以外の文書の翻訳料(必要な場合のみ。翻訳会社へ支払う実費です)
 ○海外へ書類を郵送する場合の郵送料(必要な場合のみ)

※上記以外、交通費・国内郵送費等は通常料金に含まれているため、別途費用はかかりません


その他

 料金の総額は必ずご依頼前にご案内し、後から追加料金が発生することはありません


返金が無い場合

  • 「短期滞在」の申請
  • 調理師の「技能」の在留資格認定申請
  • 「定住者」「特定活動」の内、告示外の場合
  • 過去に犯罪歴、オーバーステイ、退去強制歴がある場合
  • 過去にご自身、もしくは他の行政書士等が申請を行い不許可になった件の再申請の場合
  • 在留資格の条件を満たしていない、過去の在留状況が著しく悪いなど、許可の可能性が著しく低い場合
  • 在留特別許可上陸特別許可の場合
  • 入国管理局へ申請した後、申請を取り下げる場合

 上記の理由で返金が無い場合、ご依頼時に必ず返金が無いことをお伝えし、お客様の了承をいただきます

 また申請後、お客様から事実と異なる説明・申告虚偽の記載・偽造した書類を提出したことが判明した場合もご返金対象外となります。

面談によるご相談が可能な時間帯

時間帯日・祝
10:00 〜 14:00
14:00 〜 20:00
  ※完全予約制です

料金のお支払方法

  • 現金
  • 銀行振込 (みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行)
  • クレジットカード(VISA、MASTER, JCB、AMEX)
  •    

ページトップへ戻る

在留資格・ビザ・永住・国際結婚

在留資格・ビザに関する資料

パスポート認証・コピー認証

ご案内

Copyright(C) 平島国際行政書士事務所 All Rights Reserved.